So-net無料ブログ作成

にんにくジャム健康法【にんにくパワー】・つくり方。村上祥子(料理研究家)直伝レシピ【テレビ東京:L4YOU放送】 [グルメ]

スポンサーリンク




世界中がみとめるにんにくの免疫効果!にんにくジャムを世に広めた、料理研究家『村上祥子』さんですが、テレビ東京系の番組【L4YOU】にて・・・。有名な村上祥子さん直伝の「にんにくジャム」の作り方のほか、にんにくジャムを使ったスタミナ料理の「レシピ」をまとめてみました。参考にして、家族みんなが『健康維持』に努めていきたいと思うます。
murakami.jpg
【料理研究家】 村上祥子さん、曰く
「毎日、2さじでパワーチャージ にんにくジャム健康法」


 世界中がみとめる、にんにくの免疫効果!
「おいしく食べる、だから、毎日でも続けられる」ことを念頭に、レシピを研究!
 料理研究家として、デビューして40年のデータの蓄積から抽出しました!

【にんにくジャムの作り方】ninniku.jpg

  ☆ ☆ 1日の摂取量の目安 ティースプーン2杯 ☆ ☆

[材料] できあがり400g
        たまねぎ 500g(正味)
        にんにく 100g(正味)
        パルスイート(カロリー90%カット) 20g(砂糖の場合は60g)
        レモンの搾り汁 大さじ2(30g)


[作り方]
  たまねぎは皮をむき、上側と根を切り落とす。にんにくも皮をむく。
  耐熱ボウルに【1】を入れ、水100?を注ぎ、ふた又はラップをし、電子レンジ600Wで12分加熱する。
  汁も一緒にミキサーに移し入れ、パルスイート、レモン汁を加え、なめらかになるまで回す。
  耐熱ボウルに移し、ラップをせずに電子レンジ600Wで6分加熱する。
  完全に乾燥しているびんに熱いうちに移し、ふたをする。
  常温で1カ月、開封後は冷蔵で3カ月保存できる。
 

【にんにくの健康効果】
 ガンの予防
 禁煙や食生活に注意することはもちろん、ガンにならないように、日頃から予防することが大切です。
 アメリカ政府が90年代初頭から進めている、ガンに予防効果のある食品を探し、さらに有効な食品を作り出そうという、国家プロジェクト「デザイナーフーズ計画」では、にんにくが「ガンになる危険性を少なくする最も重要な食物」であるとしています。
 ガンにかかった場合でも、医学的手当を受けた上で、にんにくを摂ると、40%の人は腫瘍マーカーが下がってきます

 免疫力アップ
 ウイルス感染によるインフルエンザの脅威が、毎年報道されます。
 栄養バランスのよい食事を摂り、にんにくを継続的に食べることで、にんにくに含まれるスルフィド類がウイルスを食べ(自然免疫)、ウイルスを攻撃する抗体を体内に作らせ(獲得免疫)、免疫力をアップします。

 体力増強・疲労回復
 疲労回復・体力増強は、コンスタントなエネルギー補給で改善されます。
 そのエネルギー代謝にはビタミンB1が欠かせません。
 ビタミンB1は玄米、胚芽米、豚肉、うなぎ、きのこ、大豆、そら豆、ナッツなど多様な食材に含まれていますが、水溶性のため、吸収率が低いのです。
 ところがにんにくのアリシンと結合すると、油に溶ける性質となり、腸から吸収され、体内でエネルギー代謝をアップします。

 アンチエイジング
 私たちの体は、およそ60兆もの細胞からなっています。その細胞の一つ一つが体内で生じる活性酸素によりダメージを受け、老化の原因となっていきます。
 にんにくの成分は、人間の体のもつ「抗酸化作用」という能力を、積極的に働かせ、老化を予防します。

 高血圧の改善
 「静かな殺し屋(サイレントキラー)」とも呼ばれる高血圧。
 血圧は上が130、下が80以下であるのが血管によい条件です。
 にんにくジャムはたまねぎとにんにくを5:1の割合で作ります。
 たまねぎのケルセチンと、にんにくのイオウ化合物・アリチアミンが血管内壁につく中性脂肪を分解し、血流をよくします。血液の流れがよいと血圧が正常になります。

 冷えの改善、むくみの解消、ダイエット
 冷え症は肩こりや腰痛、生理痛などを招くため、栄養のバランスをとり、体の内側から温めることが大切です。
 にんにくを食べると交感神経を刺激して、末梢の血管を拡張させます。血液が全身に流れ、手や足の先から首まで温まります。
 「にんにくジャム」を常備して、こまめに摂ることでむくみが取れ、体重が下がります。

 美肌をとりもどす
 肌のハリやなめらかさなど、質感を左右するのは、一番外側の表皮です。
 0.2㎜以下というごく薄い皮膚が、異物の侵入や刺激から体を守るとともに、体内から水分が蒸発するのを防いでいます。
 にんにくを食べた後で経験する、「スベスベ感」は、にんにくのイオウ成分・アリチアミンが血液循環をよくしたためです。
 にんにくジャムの原料である、たまねぎのグルタチオン酸は、美白効果のあるアミノ酸。
 毎日タンパク質食材を摂り、抗酸化作用のある緑黄色野菜とともに、「にんにくジャム」を食べることで、シミやシワのないなめらかな肌になります。


【にんにくジャムの主菜のお勧めレシピ】
1. 鶏のから揚げ
2. 照り焼きポーク
3. 肉じゃが(レンジ)
4. 肉豆腐(レンジ)
5. えびチリ(レンジ)
6. 麻婆豆腐(レンジ)
7. 鶏としいたけのにんにくジャム煮
8. 牛肉たたき にんにくジャムで
9. あまだいのにんにくジャム漬け みそをしのばせて
10. 春キャベツのミルフィーユ鍋(レンジ)
11. たらのにんにくジャム煮つけ(レンジ)
12. にんにくジャムコロッケ
13. いわし(あじ)のつみれ にんにくジャムしのばせて
14. さばのみそ煮(レンジ)
15. ねぎとろ・にんにくジャム

ざっとあげただけでも、15メニュー!
一品料理・汁もの・副菜・サラダ・和え物・漬け物と盛り沢山の内容です。
ぜひ、試してみてください。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。